脂肪吸引

脂肪吸引は小さな傷に吸引用の管を挿入し脂肪を破砕して吸い出してくる方法です。この方法はやせる方法ではなく、bodyの輪郭形成と考えていただいたほうがぴったりくるでしょう。足や腕、腹部の突出している部分を集中的に除去しますが、皮下脂肪は2層になっており、皮膚直下の脂肪は取りすぎるとでこぼこを作ってしまうので、深い部分のみを吸引してこなくてはいけません。

偏った脂肪の付着は人それぞれですので、手術費用はご希望の場所を細かく設定させていただいています。たとえば、ウエストはきゅっと引き締まっているけれど、ふくよかなヒップというような御要望にもお応えすることが出来ます。

体は脂肪ばかりで出来ているものでは在りません。メタボリックシンドロームという言葉が、世に内臓脂肪という言葉を広めてくれましたが、ある程度の年齢になると多くの方が気にしだすおなかの脂肪は、内臓脂肪が占める割合も大きいのです。内臓脂肪は手術で取ることが出来ません。当形成・美容外科ではCTにて、内臓脂肪の量と皮下脂肪の量を比較し、脂肪吸引では皮下脂肪の一部しか除去することは出来ませんので、取れない内臓脂肪はメディカルダイエットも同時に進行させていただきます。

使用する機器は、脂肪吸引機のほかに超音波脂肪吸引機も併用し、より滑らかな美しいラインを形成していきます。

脂肪吸引の怖さ

美容外科で死亡事故が起こる様な場合は、脂肪吸引を行った後が多いと思われます。脂肪吸引を行うと、血管内に多少なりとも脂肪が流れ込むもので、これは防ぐことが出来ません。といっても流れ込む脂肪は小さいですが、痛みがあるからといってじっと長時間動かないでいると、徐々に血管内の脂肪滴が大きく固まってしまい、肺や心臓を栄養する細い血管に詰まってしまうと、梗塞を起こすことがあります。これが死亡事故につながります。

術後は痛みがありますが、早期に自分の筋肉ポンプを使って、静脈から脂肪滴が大きくならないうちに流すことが予防となります。当形成・美容外科では一般の手術と同様に、手術中はフットポンプを使用し、入院して十分安全な管理を行っております。

お腹の皮膚が垂れ下がっているのですが・・

脂肪吸引だけでは量的に効果的な減量を期待できないとき、また、皮膚が余り過ぎている場合は、余っている皮膚を切除と脂肪切除を同時に行い、緩んで伸びきった腹直筋を縫合しなおす手術があります。

横に1本の傷が残りますが、かなりの量の脂肪を切除することが出来ます。切除した部位以外は、段差が出来ないように滑らかに、ウエストや腰の上部は脂肪吸引機で吸引します。

皮膚切除術